UG_07’s diary

日々の生活で思ったことや気づいたことをまとめています。

【日記】グリッチコーヒー&ロースターズ【コーヒー】

 こんにちは、UGです。

 今日は風が強いですね。日中は結構気温は高かったと思うのですが、風が強いので体感は過ごしやすい一日だったように思います。

 

 さて、今日は神保町のグリッチコーヒー&ロースターズに行ってきたのでその話でも。

 こちらは2015年に神田に創業したお店で、まだできて6年の新しいお店です。大通りから一本入った雑居ビルの1Fにあります。

f:id:UG_07:20210612164552j:plain

グリッチコーヒー&ロースターズ

・・・なんだかコーヒー屋さんっぽくないですね。廃業した古本屋さんとかを改装したのでしょうか。

f:id:UG_07:20210612164725j:plain

カウンター

 店内に入るとコーヒー豆が並んでおり、こちらでコーヒーを注文します。本日は6種類のコーヒー豆から選べる様子。ちょうどドリップしているところの写真になっていますが、このオールバックの店員さんがそれぞれの豆の特徴や、おすすめなどを丁寧に教えてくれます。

 このお店の特徴は浅煎りのコーヒーなのだそうですが、おすすめは左二つのゲイシャだそう。ちょっとミーハー感はありますが、まだゲイシャを飲んだことはなかったので、右側のColombia Inmaculada Geisha "Signature"を注文。

 舌が噛みそうですが、コロンビアのインマクラーダ農園のゲイシャ種の豆で、Signatureは指定エリアで栽培されたマイクロロット、という意味だそう。

 店内の様子はこんな感じ。

f:id:UG_07:20210612165948j:plain

店内の様子

 けっこう狭いです。お客さんが結構入っており、わりかし若い人が多いですね。店員さんの知り合いも多いのかもしれません。店内でコーヒーができるのを待っていると、外国人や、外国人と日本人のカップルが次から次へと来店しました。お店に入れずに外に並んでいるような状況だったので、食べログの評価も高いですが特に外国人に評判なのかもしれないですね。

 ちなみに店内では豆をローストしている様子も見れます。

f:id:UG_07:20210612170409j:plain

店内にあるロースト機

 パソコンでいろいろ管理しながらローストしている様子が見れますね。それにしてもごちゃごちゃしています。笑 なんだか手作り感あふれていますね。

 店内を見ているうちにコーヒーが淹れられたので取りに行きます。

 香りと温度による変化もお楽しみください、といって渡してくれました。

f:id:UG_07:20210612170659j:plain

Colombia Inmaculada Geisha "Signature"

 少し大きめのおちょこにビーカーでサーブされました。

 色は結構赤みがかっていますね。きれいな色です。

f:id:UG_07:20210612171045j:plain

光に透かして見ると紅茶のよう

 さて、さっそく香りをかいでみます。

 うーん、リンゴの冷製スイーツの香りに少しジャスミンを混ぜたような甘い香りがしますね。いい香りです。リンゴフレーバーの高級な紅茶の香り、といっても通りそう。

 少し口に含んでみると、少し木の実っぽい味? 浅煎りと言っていましたが、酸味は全くなく、すっきりとした味です。前回のフグレンで飲んだホンジュラスのエルパンタナルロット2はもっと木の皮っぽい味など複雑な味がしたのですが、これはより淡い木の実感のあるクリアな味わいですね。もちろんおいしいのですが、特徴をいうなら香り8,味2,という感じです。もったいないのでそうはしませんが、ゴクゴク飲める感じです。ゲイシャは香りがいい、という話をきいていましたが、なるほど、確かにいい香りですね。フグレンの時にも書きましたが、こちらはこちらで自然派の飲み物で健康によさそうな感じがします。

 しばらくすると淡い酸味が出てきました。コーヒー豆の説明を見ると、マンダリンオレンジ、ジャスミン、リンゴ、スイート、クリーンカップ、フローラル、コンプレックスとあるのですが、言われてみると確かにバレンシアオレンジ感のある酸味です。初め説明を見たときはコーヒーでバレンシアオレンジ??となりましたが、なるほど確かに不思議とバレンシアオレンジ感があります。こう、口の中で本当にわずかですがはじけるような酸味です。

 店員さんの説明ではグレープっぽいワインっぽい感じがします、とのことだったのですが、ちょっとそこまではわからなかったですね。コーヒーを飲んでワインを想起させるなんて面白い。普段赤ワインを飲んでいる人ならわかるのかな。

 

 ちなみに、コップを飲み終わるとビーカーからコップに移し替えるのですが、コップがおちょこ感あふれるのでなんだか徳利からお酒を注いでいるような妙な気持ちになれます。

f:id:UG_07:20210612172943j:plain

日本酒?

 色的にはウイスキーのようにも見えますね。笑

 なかなか面白い体験でした。

 みなさんも神保町に来られた時は気軽に立ち寄られてはいかがでしょう。おいしいゲイシャのコーヒーが飲めます。

 

 それではまた。

【日記】フローヨガ

 こんにちは、UGです。

 今日はフローヨガについて。

 

 先日ラフターヨガを紹介したと思うのですが、またyoutubeをいろいろ見ていたら、フローヨガというものが出てきました。

 実際にyoutubeの動画に合わせてやってみたところ、結構よかったのでご紹介です。

 

www.youtube.com

 

  B-lifeというチャンネルで、いろいろなヨガのポーズについてレッスンのような形式で一緒にできるような形で紹介しているものですが、この動画だけでも100万回再生されているなど人気のチャンネルです。

 ヨガのインストラクターはだいたい同じような体型をしていますが、このマリコさんも引き締まった身体していますね。脂肪燃焼効果は高いのだと思います。

 

 さて、実際に動画の流れに沿って体を動かしていくのですが、初めは正直「ああ、ヨガの動きってこういう感じだよね」っていう動きです。おなじみのシャトランガ、アップドッグ、ダウンドッグの流れもよく出てきます。でも、そこから英雄のポーズ、三日月、と続いていくのですが全体の流れのテンポがすごくいいんですよね。ヨガって慣れてくるとポーズをとっている間にちょっと集中力がきれてしまうこともあると思うのですが、フローヨガはそれぞれのポーズをしっかりとりつつ、いい感じにテンポよく次のポーズに行くので、だれることがなく集中して取り組めます。

 動画は20分ですが、あっという間の20分で、動きも多くてけっこう汗もでるので、さっとシャワーを浴びた後の爽快感はすごいです。特に太ももあたりの下半身の老廃物が抜けている感じがしますね。なんだかふとももが昨日までとは別物になった感じがします。普段椅子の上の置物と化して、ふとももと椅子が一体化している私ですが、今日は椅子から「誰だお前は!」と言われている気がします。椅子に座ったときのふとももの違和感がすごいです。さっきからものすごく浅く座っています。

 

 私はふとももが同じ体型の人の2倍くらいあるのですが、これを続けていけば1.5倍くらいにはなれそうな気がします。わりとやっていて楽しいので、続けていけそうな気がしますね。みなさんも足が太い、などありましたら動画を再生しながらやってみるのをおすすめします。たぶん思った以上にきくと思います。

 

それではまた。

【日記】浅草観光

 こんにちは、UGです。

 雨ですねー。涼しい季節です。今週一週間は曇り空が続きそうです。

 

 今日は昨日フグレンASAKUSAに行くついでに行った浅草観光の話でも。

 私はさほど観光を楽しめるタイプではないですが、目当ての喫茶店に行く次いでなら多少回ってみてもいいかな、と思えるぐらいです。あとはお寺とか神社の落ち着いた感じは好きですね。やたらと体になじむので、たぶん私は前世は神社の関係者だったのではと思います。

 まあ、あまり興味ないなりにさらっと紹介しましょうかね。

f:id:UG_07:20210606105209j:plain

雷門

 はい、定番の雷門ですね。さすがコロナ禍であんまり外国人はいなかったです。着物を着ている人がちらほらといて、あとは日本人の観光客ですね。

 

f:id:UG_07:20210606105223j:plain

あげまんじゅう 菊水堂

 はい、仲見世通りの有名どころのスイーツ、あげまんじゅうの菊水堂さんです。そのままでも饅頭は十分うまいのに、さらに揚げることで食感とカロリーを付け足そうという頭の悪いお菓子です。まあ、おいしいからいいんですが。そういえば、以前どこかに観光に行ったときに、揚げたい焼きを食べたのですが、こちらも油とカロリーとあんこの甘味の暴力で頭の悪いおいしさだったの思い出しました。おなかのすいているときにはいいかもしれない。

 ちなみに食べたのがこちら。

f:id:UG_07:20210606105215j:plain

あげまんじゅう 抹茶味

 わりと小ぶりですね。このぐらいの大きさならカロリーの暴力にも耐えられそうです。お値段120円なのも手軽でいい感じです。まあ、120円でこのおいしさならいいんじゃないでしょうか。

 はい、次行きましょう。

f:id:UG_07:20210606105231j:plain

浅草寺

 はい、浅草寺(せんそうじ)です。ちなみになんで音読みかというと、寺はたいてい音読みなのだそう。んで、神社は訓読み。なので、浅草神社はあさくさじんじゃなのだそう。はい、ひとつ賢くなりましたね。yahoo知恵袋からの引用でした。

 両脇おみくじ、真ん中に煙、って大きなお寺だとよくある構図ですよね。仲見世通りもそうですが、参道の両脇にある土産物屋さんっていまいち何を買えばいいのかがよくわかりません。ほしいものはAmazonでいいものを比較して買えばいいし、土産物ならお菓子みたいな消え物が定番です。まあ、だれかと一緒に来た、という思い出を買う場所なんですかね。何を買うか、じゃなくて、誰と買うか、が大事なのかもしれません。そういう意味では、私が食べ歩き用のお菓子以外買わないのは正解なのかもしれませんね。

f:id:UG_07:20210606105238j:plain

五重塔

 はい、最後、五重塔です。こうみてみると、なんか京都感ありますよね。これが東京のど真ん中のビル街からすぐ近くにあるのを考えるとなんだか歴史を感じさせます。ちなみに、五重塔は中は一階層の吹き抜けで、特に上の階地震対策、ていうのは置いとくとして、なんだか権力者の示威欲のようなものを感じます。

 

 いやあ、写真をみるとわかると思いますが、全体的に空いてますねー。自粛で結構閉まっているお店も多かったのですが、コロナ禍は以外と観光にはいいのかもしれません。商店街の中でこの店は閉める、この店は開ける、というのが自主的に決まっているならいいですが、商店街全体で調整とかがあったら、商店街の中の力関係のドロドロしたものがありそうでわくわくしますよね。まあ、観光する側には関係ないですが。

 それではまたー。

【日記】フグレンASAKUSA【コーヒー】

こんにちは、UGです。

今日は一日曇り空で過ごしやすい天気でしたね。外に出ると半袖の人が多くて夏が近づいてきたなと実感します。

 

さて、今日はノルウェー発のスペシャルティコーヒーのお店であるフグレンASAKUSAに行ってきたのでその紹介です。

tabelog.com

f:id:UG_07:20210605183051j:plain

フグレンASAKUSA 外観

 見た目はおしゃれな喫茶店という雰囲気ですが、なにぶん立地が浅草なので、客層は観光客がメインでハイソな感じはなく、とても入りやすいです。

 内観はこんな感じ。

f:id:UG_07:20210605183359j:plain

内観

 北欧テイストな木材メインの内装で、ゆったりとした空間が確保されていてとても過ごしやすい雰囲気でした。写真の中のらせん階段をのぼると2Fにもスペースがあります。

 さて、このフグレンさんの特徴は、ノルウェーオスロで確立された浅煎りの焙煎方法(ノルディックロースト)で焙煎された、果実のような風味や花のような香りのコーヒーだそうです。コーヒー好きな人のために、テイスティングフライトという通常のフィルターコーヒーとフレンチプレス、エスプレッソの3種の飲み比べができるサービスをやっていたので、今回はこちらを注文しました。豆はそれぞれ以下です。

 ・エスプレッソ:ペルーのラスコルメナス

 ・フレンチプレス:ホンジュラスのエルパンタナルロット2

 ・フィルターコーヒー:ホンジュラスのエルパンタナルロット2

 

 フレンチプレスは豆を選べるのですが、同じ豆で淹れ方の違いを楽しむことができるのもこのテイスティングフライトの醍醐味です。

 ホンジュラスのコーヒーってあんまり聞いたことがなかったのですが、コーヒー豆の生産量は世界6位、中米では1位なんだとか。浅煎りがおすすめの豆らしく、ノルディックローストとの相性はすごくよさそうですね。

f:id:UG_07:20210605185030j:plain

豆はいくつかの選択肢から選べる

 注文すると、その場ですぐにエスプレッソと炭酸水をもらえます。炭酸水はテイスティング用に口をきれいにするためだとか。

 スプーンで少しかき混ぜて香りを立たせ、さっそく一口いただきます。

 味は、濃厚な南国の酸味のある完熟ベリーを口に含んだよう。ジューシー、と言いたくなるような、でもちょっと違うような。後味や舌に残る濃厚な舌触りはベリーフレーバーのチョコレートのようです。エスプレッソ、と聞いて想像する苦味とコクとは全くの別物で、目をつぶって飲んだら、ほのかな甘み素材の味を生かした高級なベリーチョコレート、と言っても信じてしまいそうな感じです。

 店員さんはりんごっぽい酸味があるエスプレッソですよー、と言っていましたが、私の中ではりんごとチョコレートはあまり結びつくイメージがないので、やっぱりベリー系の酸味だと思いました。

 

 さて、店員さんと少しお話をしている間に、フレンチプレスとフィルターコーヒーが出てきました。

f:id:UG_07:20210605190202j:plain

フレンチプレス(左)とフィルターコーヒー(右)

 フレンチプレスの方が少し明るい茶色系の色、フィルターコーヒーの方がより濃い茶色ですね。ただ、普通の黒いコーヒーとは色合いは全然違います。

 

 さて、フレンチプレスの方から飲んでみます。

 ・・・複雑な味で、これまであまり飲んだことがない風味ですね。自分の味のデータベースの中にはうまい表現がちょっと見当たらないです。木の実、木の皮を煎じて作った健康茶、みたいな?わずかな酸味と、でもやっぱりわずかなチョコレート感のあるボディがあるので、お茶ではないですね。後味の鼻に抜ける感じはなんだろう、ちょっとキノコ茶っぽい感じ?キノコ茶に無糖のカカオのエッセンス部分だけを上手く混ぜたらこんな感じの後味になりそうな気が、、、する??

 ホンジュラスのエルパンタナルのフレンチプレスの味、としか表現のしようがないですね、これ。深みのある味わいで、すごく面白い。また飲みたい、と思わせる味。

 おいしいか、という点でいえば確かにおいしい。が、面白い、という表現の方がよりふさわしい気がする。面白い味です。笑 そして、なぜだかものすごく健康にいい感じがします。笑

 

 次に、フィルターコーヒーの方を飲んでみます。

 こちらはフレンチプレスよりも酸味が増して、よりコーヒーらしい味ですね。フレンチプレスの方はいい意味で頭が???となってしまう味でしたが、こちらはよりコーヒーの味がします。木の皮よりももう少しクセが増して、樽みたいな風味ですかね。ベリー系の酸味だが、嫌な酸っぱさはなく、まろやかでほどよい酸味がある感じ。後味はとてもクリアで、舌に残る感じもなく、酸味系の高級なコーヒー、という感じでした。順当においしいコーヒーですね。

 

 りなみに、フグレンの説明カードでは、レッドベリー、コンプレックス、フローラル、ダークチョコレート、キャラメルだそう。コンプレックスって何ぞ、という気がしますが、木の実のような、木の皮のような、キノコのような風味をコンプレックスと表現しているのかもしれません。

 

 店内は落ち着いていてとてもくつろげます。浅草観光の一休みに使うには最適な喫茶店だと思います。みなさんも機会があればぜひ。

 それではまた明日。

【日記】ラフターヨガ

 おはようございます。UGです。

 最近少し仕事がひと段落してきたので、今のうちに有給消化しようと今日はお休みです。

 

 

 さて、最近みなさんコロナ禍による自粛が長引いて、鬱々とした気分になっていませんか?

 そんなあなたに朗報です。

 「ラフターヨガ」をやりましょう!

www.youtube.com

 

 ラフターヨガは日本語では「笑いヨガ」といわれ、ヨガの呼吸法に笑いを取り入れたものです。難しいことは何もなく、笑いながら手拍子をしたり深呼吸したりするだけなので、だれにでもできます。

 今日は朝から時間があったので、youtubeをみていたらたまたま見つけたのですが、いいですよ~これ。ただ笑いながら体を動かすだけなのですが、普段鬱々としている私がなんだか気分が良くなり明るい気持ちになっています。体も温まって心なしか体の調子もよくなっている気がします。

 人間の体は嘘の笑いか本当の笑いかを区別できないそうで、嘘でも笑っているうちに本当に笑っているのと同じ効果が得られるそうなのだとか。私は科学的に言霊はある、と信じているタイプなのですが、これはその体版ですね。「体霊(からだま)」とでもいえばいいのでしょうか。

 上の動画に沿ってちょっとやるだけでもすごく効果があるので、みなさんもぜひ。毎日朝5分でもやったらマジで性格変わりそうな気がします。

 

 ・・・ここまで書いて、なんだか最近TVを見ていて同じような空気を感じたな、と思ったのですが、気づきました。この方向性の極限はアンミカさんですね。

ameblo.jp

 動画のnaocoさんも少しアンミカに似ているかも?という気がします。あそこまでいくと少しやりすぎのような気もしますが。

 

 それではまた。

【日記】コントが始まる【ドラマ】

こんにちは、UGです。

そろそろ梅雨入りですね。今年もジメジメした季節がやってきます。

最近は一日中椅子の上で動かないことが多いので、引きこもってないで外にでないと体がカビてしまいそうです。電灯の紐相手にシャドーボクシングでも始めるか・・・?

 

さて、今日は今季お気に入りで見ているドラマの紹介です。

毎週土曜夜10時から放送されている、「コントが始まる」です。

www.ntv.co.jp

 題名にコントが入っていて、公式サイトでも冒頭のコントがその後のドラマの前振りであることが強く押し出されていますが、このドラマの面白さはそこではないです。

 出てくる登場人物たちは、なかなか売れずに解散を考えるコント師のトリオや、そのトリオのファンで、失職した後なかなか再就職に踏み出せないOL、目的もなく夜の街で働くその妹など、です。いずれも人生があまり上手くはいってなく、このままではだめというのはわかっていても、なかなか次の一歩が踏み出せない、という若者たちです。

 このコント師のトリオの日常をメインに物語が進んでいくのですが、とにかく3人の仲が良くて、緩くて暖かい空気が流れているんですよね。解散をするかどうか、という決意がなかなか決まらずに、過去の思い出を振り返ったり、恩師に話を聞いたりするのですが、とにかく仲のいい笑い話のエピソードがでてきたり、恩師も3人の成長を見ながら将来を真剣に考えたうえで真面目にアドバイスしたりと、とにかく人間愛にあふれていて、みているだけでほっこりします。

 

 このトリオとその周りの女の子との恋愛模様も少しずつ描かれていくのですが、悪意や嫉妬のようなものがなく、照れ隠しのかわいい行動や一途な思いにあふれています。

 女の子が男の子を誘って、一緒に引っ越し先のソファーを買いに行って、私の部屋に来るかもしれないんだから、どっちの色がいい?って聞くってかわいすぎませんか!!?まだ付き合ってないんですよ、このふたり!少し恥ずかしがってすぐに答えない男の子に、私のこと妹みたいに思っているんじゃないの?っと上目遣いでちょっとすねたように問いかけるのもかなりポイント高いです。

 

 演者は菅田将暉を初めとして、神木隆之介、太賀、有村架純、古川琴音と若手の実力派が勢ぞろいしています。演技が素晴らしいので、俳優目当てで見るのもいいですね。年代が近いからか他の作品でも共演することがあるようで、演者同士の仲がいいのも作品の温かい雰囲気を出すのに一役買っている気がします。

 この5人の中だと古川琴音がまだそこまでメジャーではないですが、今後間違いなく来る女優さんです!まとっている雰囲気と、とにかく目元!がいいです。近いうちに古川琴音で一つ記事を書くかも?

 

 それではまた。

【日記】コーヒースペシャリスト【資格】

こんにちは。UGです。

久しぶりの2連休です。2日も仕事に触っていないとちょっと不安になりますね。

 

さて、今日の話題はコーヒーです。

以前も少しここで書きましたが、コーヒースペシャリストの資格をちょこちょこ勉強しています。

formie.net

 ここ最近あまり時間が取れていなかったのですが、せっかく今日は一日休みなので、勉強して資格を取ってしまおうと思い立ち、本日ついに試験を受けて合格しました!

 簡単そうな資格ですが、結構中身は盛沢山です。豆の種類からコーヒーの入れ方、豆の精製のされ方、コーヒーの歴史、スイーツとのペアリングなんかも学べちゃいます。

 全部覚えると結構大変なのですが、章ごとに練習問題がついており、重要なところは覚えやすくなっています。私は繰り返し解いて答えを覚えちゃっていたのですが、本番の試験もほぼこの練習問題から出題されたので、試験自体は思ったより簡単でした。

 産地による豆の味の特徴などをせっかく覚えたので、これから意識して飲んでいこうかなー。マンデリンが割かし好きなので、同系統のケニアタンザニアにもトライしたいところ。

 東京にはこだわりの喫茶店がいくつもあるみたいなので、喫茶店巡りをしてみてもいいかも。手始めにおしゃれで飲み比べもできるフグレンさんに行ってみたい。

tabelog.com

 

 それではまた明日。